夏季の保湿ツボ

冬季はムードが乾燥するので、皮膚も乾燥しやすくなります。それでも、暑い夏は潤いや汗で皮膚がねっとりするので、保湿保守なんて無用、なんて考えている人も多いでしょう。但し、夏場も皮膚は乾燥しますし、保湿も怠ってはいけないのです。

夏は極めて暑く、最近では、ほとんどの地で空調が効いていると思います。そうして、その空調に長く入っていると、ムードが乾燥し皮膚も乾燥してくるのです。また、皮脂で顔つきがテカテカになるのを牛耳るために、あぶら奪い取りペーパーで何回も拭いたり、何度も顔つきを洗ったり講じる個人もいますが、そうなると皮膚の内が乾燥する“肌着ドライ肌”になってしまいます。

乾燥すると、毛孔が滞り易くなって、湿疹ができ易くなる。再び、皮膚の水気が少ないので、皮膚の生まれ変わりの“交替”の動作が低下し、年齢を促す事情にもなるのです。

このように、夏場も皮膚は乾燥し、それを放置しておくと、さまざまな悪影響が現れるので、夏場も断然保湿を行う必要があるのです。けれども、暑さや潤いでベトベトする夏は、冬季と同じ保湿方法では絶対に途切れるでしょう。まずは、暑くて不満になる夏場も、簡単で快適にできる保湿方式を紹介します。

洗浄は、たっぷりの泡でやさしく洗います。汗をたっぷりかいたからといって、ゴシゴシと何度も洗うと、もっと皮膚の乾燥を悪化させてしまうのでやめましょう。

洗浄をしたら、一気にメークアップ水を置きましょう。メークアップ水は、ポイントに少数ずつ取って皮膚に広めることを数回行うことで、皮膚に浸透させます。

お風呂ゴールインにクリームをくっつけるとベタつくから擦り込みたくない、という個人もいるでしょう。但し、メークアップ水だけで終わらすのは良くありません。なぜなら、ようやっと浸透させたメークアップ水の保湿元を蒸発させてしまうからだ。十分保湿するためには、クリームや乳液でよく閉じこめる必要があるのです。クリームのベタ付きが気になる場合は、クリームの後に乳児パウダーを付ければ、サラッとしていて気にならないので、できるだけお試しください。

保湿保守は難儀としてしまうが、あまり手間のかかることではありません。時機に応じた保湿方法で、四六時中積み重ねることによって嬉しい効果が発揮されます。美しい肌を保つためにも、頑張りましょう。ミュゼららぽーと富士見店